テレビはやっぱり面白い

最近の若者はテレビ離れとよく聞きますが、それは若者に限らずなのかもしれません。
実際職場で昨晩のテレビネタで話すことが減った気がしますし、年配の方達もそこまで熱く語ることは少なくなりましたね。
年配男性はプロ野球中継が滅多にないのもあるかもしれませんが、そう言う私自身も以前ほどではないのかもと思ったりします。

ドラマなんかは大好きなジャンルでしたが一度見逃したりしてしまうとテンションが下がるし、スポーツなどリアルタイムで観たいものはネット情報の散乱で帰宅途中で結果が知れてしまうのでつまらない、まあ仕事終わりの時間に左右されてしまうのは仕方ないのかもしれません。

でも今ティーバーとかなんとか、いろんな番組が無料で観れたりする便利なものがありまして、急いで帰らなくても一週間は観たいドラマが観れたりするありがたい時代になりました。
もちろん有料ならもっとでしょうがその日に見逃しそうなものを録画しなくていいだけ本当に便利だと感じます。

最近のドラマはつまらない、なんて嘆いている人達をよそ目に私は結構活用できているようでして、毎晩寝る前にかなりの頻度で利用しています。
感想から言えばシーズンによるのですが、やっぱり面白い番組はいっぱいありますね。
ドラマもなかなか、今季は相当粒が揃ってる印象ですし、毎日どこかのチャンネルで好きなドラマがあったりします。
バラエティなんて雑学が増えるとともに新たに勉強してみたいネタの開拓にも役立っていますし。

テレビが時代遅れだとかの声もありますが、半ば強制的にネタが仕込める面白さがあるのが大きなメリット、たまたま観た番組で何かもっと知ろうと思えるきっかけになったりするのが案外大事なことなんだと感じたりします。
自分の興味だけでは忘れてしまうことも良くありますが、ハッと気づかされることの大切さってあるように思いますね。

食べ歩きの趣味から作る方へシフトする。

休日は同期入社のやつと食べ歩く事が趣味と言うのか、ここ数年の楽しみとなっていましたが、年齢と共に体重の増加がかなり気になってきました。
食べ歩きメンバーの半数はスリム体型なので、1日に2~3軒は食べ物屋のはしごも珍しくはありませんでしたが、このままだとかなりまずい体型になるなという気持ちが常にありました。

先日は暫く食べ歩きを控えるようと決意をしたので、最後の思う存分1人で好きなものを1日中食べて歩こうと思ったので、朝食は世界一美味しい朝食を出すと唄っている、店でエッグベネディクトを食べに行きました。
さすがに人気にも落ち着きを見せたのか?行列もなくて、すんなり席につけました。
久々のエッグベネディクトはやっぱり濃厚で美味しかったですね。

お次は少しウインドウショッピングをして、お腹を空かせてから家系のらーめんを食べに行きました。
そちらのお店は初めてでしたが、噂通りの人気店でした。少々待って何とか中へ入れました。
大汗を掻いて大盛りラーメンを食べました。

仕上げはどうしても行ってみたかった、月島のもんじゃ屋さんを目指しました。
さすがに1人でもんじゃを食べに来ている人は居なかったですし、男1人で寂しく食べているので、周りからちら見されました(笑)

食べ歩き収めをした翌日はホームセンターへ行って、家庭菜園用のプランター、土、肥料、ミックスレタスと大葉とミニトマトの苗を購入してきました。
食べ歩くことから、自宅でのベランダで家庭菜園をして、自分で作ったものを食べたくなったのです。
今後はどんどん苗を増やして、ミニ家庭菜園を作っていく予定でいます。
成功としたら、食べ歩きメンバーを呼んで、自宅で家庭菜園で取れたものを振舞いたいと思っております。

しばらく夜食はこれで行くかな

最近ちょっとした事情で夕食の時間が早くなったので、逆に夜お腹が空いて困ることがあります。
健康のことを考えれば我慢して寝るに限るのでしょうが、このままじゃお腹が空いて寝られないとつい食べたくなる日もないわけじゃない。
ラーメンは定番だけど太るのが心配ですし、お菓子って意外に食べ過ぎてしまって朝起きる時に胃がもたれたりします。
だったら夕食を遅くすればと思うんですが習慣になるとなかなかそのリズムを崩せないものですね。
その時間になるとつい食べてしまうし、そもそもそれが体にいいと思ったわけですから遅くするのも抵抗があります。

確かにそのまま寝れれば朝は胃の調子もいいですし、体が軽い気がします。
たまにだけと条件付きで何を夜食にするのがいいんだろうと考えてみました。
先日やってみて良かったがお味噌汁、豆腐や野菜で具沢山、でも味噌汁ですから気分的にはそんなに悪くない、そう思いました。

しばらくして飽きたので今週はあるメニューをお試し中です。
それはバナナジュース、夜食に向くかどうかはわかりませんし体にいいかどうかは自己責任ですが、これが意外に楽しめるのです。
詳しく言えばバナナと一緒に他のフルーツも足すのですが、バナナのおかげである程度空腹感は満たされます。
甘みもほどほどですし、グレープフルーツなんかを足してみると後味もさっぱりしています。

バナナと言えばスポーツ選手が競技中合間を縫って食べてたりしますね。
テニス中継で見たことがあります。
きっと吸収が良くて体が重くならないのでしょう。
そんなことを思い出してやってみたのです。
また嬉しいのはバナナがけして高いものではないこと、今年はリンゴが高いなあとリンゴ好きの私は少し不満でしたがバナナは手頃で助かります。
本来は朝に飲む方がいいのかもしれませんがちょっといいメニューを見つけた気分です。

高校野球 甲子園の開会式を見て、変なのって思うんです。

今年の関西地方の気温は高すぎますよね。40度に迫る勢いの気温の日もあるようですね。

そんな中、開催されている「第100回全国高校野球選手権大会」ですが、試合中に暑さで体調不良になり、運ばれる選手がいるくらい暑いです。
日頃グラウンドで、屋外で練習をしている、体力自慢の若者が倒れちゃうんです。すごいですよね。

私は、この甲子園大会の中で、開会式についておかしいなあと思いました。
開会式は、選手の入場行進の後、長い、長い、長い、偉い大人の人たちの、無意味な、無意味な、無意味な、あいさつが続きます。

今年の大会は、第100回記念大会ということもあり、皇太子殿下にもご参加いただき、お言葉もいただきました。このことは、稀な例外であり、問題ではありませんが、その後のあいさつ、「朝日新聞の人」「高野連の人」「文部科学省の人」のあいさつはいるんですか? 毎年、毎年、毒にも薬にもならないことを、延々としゃべり続けるだけのあいさつ。

今年は暑いんですよ。99回大会の開会式では、プラカードの女子生徒が倒れている実例もあるんですよ。開会式に並んでいる生徒の中には、第1試合を戦う生徒もいるんですよ。

高野連は、「暑さ対策」を標榜しているようですが、この、昭和の時代から何も変わらない、ただただ長い開会式を見ると、「暑さ対策」は世間向けのウソで、おエライサンの自慢やプライドを満たす無意味なあいさつが、選手や生徒の安全・健康よりも優先されているじゃないですか。

おかしいですよ。選手や生徒たちの健康を考えるなら、開会式は、さっさと終わらないと。

これを読んでくださっているあなたも、覚えはないですか?
子供の頃から今まで、校長先生や、おエライサンのあいさつで、ありがたかったものはありますか?
わかりますよね。

琉球沖縄はマリンブルーの海だけではありません

お堅いところに住んでいてお堅い仕事をしているせいか、できるだけ自然に触れるように心がけているのです。

そんなことも有ってが山の自然もいいが、水遊び、実はダイビングが大好きになって西伊豆などでよくダイビングの楽しみを覚えてしまったのです。 そして現在では沖縄のほれ込んで、もっぱら割安のチケットを利用して沖縄でダイビングをしております。 勿論、沖縄を訪ねた場合はダイビングばかりでなく、沖縄観光も楽しんでいます。 そうなんです、沖縄にも世界遺産があるのをご存知ですよね。

そんなことで沖縄についてですが、昔は御承知でしょうが琉球列島とか琉球王国といって、立派な一つの独立王国だったのですね。 その後、日本が統治してからは「沖縄」というようになりましたが、其の語源は「ウチナー、オキナー、からオキナワ」になったい言われています。

今の沖縄は季節的には亜熱帯性気候といわれ、ほぼ一年中の温暖さも加わって、本土、本州からの多くの観光客が、海洋ブルーの沖縄を求めて出かけています。 その中でもベストシーズンは3月から8月がといわれます。 特に、沖縄周辺の海は世界屈指って言われるぐらいの透明度があり、そんな海でのダイビングやシュノーケルなどの楽しみが盛んです。

海洋県・沖縄はマリンの楽しみは勿論ですが、他の観光や遊び事、それに沖縄芸能や沖縄の美味、おいしい食べ物もたくさんありますので、若者や年配者の人気も高いのです。

沖縄を観光するにはレンタカーが最適でしょう。 ユイレールという鉄道モノレールもありますが、これは空港と都市間の限られた地域のみですので、基本的には鉄道による観光はありません。

子どもの名前について

私の家では、奥さんがもうすぐ出産予定という状況で、落ち着かない日々を過ごしています。

初めての出産なので、奥さん自身もいろいろと手探り状態で、新生児に必要なものを買い揃えてくれたり、調べ物をしてくれたりしています。

自分自身も、これから父親になるということで、責任を感じています。

私自身、平日は仕事がいつも忙しく育児については、平日は手伝えないのですが、新生児のうちは、夜泣きも多くあると聞くので、どうしていこうかと考えています。

そして、今は、まだ名前を決めかねていてどうしよかと思っています。
私自身、響きなどよりも、字画というところで良い運勢になるようにと考えていて、奥さんが選んでくれた名前をネットで調べて、運勢が良いかどうかを調べているところです。

子どもの一生の名前になるので、親がどうつけるかで子どもがこれらかどうなるか決まるとなると、なかなか一つに絞り込むことが出来ません。

子どもは娘なので、将来結婚をすることも考え、苗字に合うだけの事を考えず、どんな苗字にも合う名前にしてあげたいなとも思います。

今は、漢字もいろいろな読み方があるのですが、やはり、読みやすい名前で、キラキラネームではない、シンプルな名前がいいなと思っています。

奥さんは、お腹の中の赤ちゃんを今はあだ名で呼んであげているみたいですが、私自身、まだ名前を決めかねているので、「娘ちゃん」とお腹の中の赤ちゃんに呼びかけているのですが、もうすぐ出産で本当に名前を決めないといけない時期になっているので、出産前から事前に決めておくか、実際に顔を見て最終的に決めるか、どうしようかと思い悩んでいます。

名前をつけるというのは、楽しいのですが責任を感じます。

盛り上がる現代サッカーについてのコラム

2018年のロシアワールドカップが大きな盛り上がりを見せて閉幕しました。
世界中のサッカーファンを魅了したスペクタクルな展開は、サッカーファンでなくても夢中になりました。
さすが、オリンピックをも凌ぐ世界最高峰のスポーツの祭典だけあってマスコミを先頭に尋常ではない加熱ぶりを呈したことは皆様の記憶に強く刻み込まれたことと思います。
そんな激しく熱い戦いも、優れた選手たちの飛び抜けたパフォーマンスに支えられていることを忘れてはいけないと感じます。
超人的なテクニックは勿論、トップ選手であれば平均して10キロ程は走ることを課される選手たちの疲労度は相当なものが予想されます。
見る側の私達も、そんなことを認識して観戦することの重要性は選手達一人一人を守るフィジカルの保護として忘れてはいけないことと感じます。
今大会で準優勝し、大会のМVPに選出されたクロアチア代表のモドリッチ選手は、173センチ、65キロくらいだと言われています。
日本人に体型や体格が似ているモドリッチ選手のようなアスリートが活躍することは、将来の日本代表にとって必ずしも悲観することがないことを示唆してくれているように思えてしまいます。
サッカーを心から愛する物書きから一つ心を込めてコメントしたい事柄は、できれば、もう少し大会や試合間隔を取って欲しいと言うことです。
ここ遡って数年の間でも、選手の突然死や怪我が相次いでいるように感じます。
ただでさえ過酷な運動量を強いられるサッカー選手たちのフィジカルコンディションの調整は難しいとされていますが、我々ファンも一定の理解を示して選手たちの余暇を許容する心の広さが求められている今日になっていると感じます。
見る側も、プレーする側もお互いが満足する歩み寄りが人々を惹きつける現代のエンターテイメントには求められているのだと感じるのです。

夏バテに負けないために始めたこと

今年の夏は例年にまして、とても暑くて大変です・・・。
四五年に一度あるかないかという、40度以上の気温を観測した地点が、今年に限ってはすでに4回ほど観測されています。私が暮らしている地域においても、7月の平均気温が過去最高を記録したそうです。

今年の梅雨明けが早かったせいもあり、風の冷たい涼しい日があると、自然と初秋の頃を迎えたような心境になってしまいます。
しかしながらよく考えると、今はまだ8月の初旬です。こらから1ヶ月以上も暑い日が続くと思うとウンザリしてきます・・・。

ところで、7月初旬頃、夏バテで困っていました。
急に暑くなり出し、自律神経が乱れて体調を崩してしまったのです。最近は、気候変動が激しすぎるので、体調を崩すことが増えています。

それまでは、休日に太陽を浴びながら運動をしたりニンニク料理を食べたりして体調管理に気を遣ってきました。しかし、それでも体調がおかしくなってしまいます。

そこで始めたのが黒酢でした。
大さじ一杯の黒酢を水で5倍に薄めて飲んだり、中華料理に混ぜたりして摂っています。
黒酢は一般的な穀物酢と違い、酢酸はもちろんのこと、ビタミンやミネラル類、そしてアミノ酸が豊富に含まれています。疲労回復と食欲増進を促す効果があるのです。

特に、冷やし中華に入れて食べるのがおすすめです。
私は、食品スーパーで売っている市販の冷やし中華のたれに、大さじ一杯の黒酢を混ぜて食べています。
黒酢を混ぜることでコクと酸味がまして、暑い日に食べるととてもスッキリします。
そのほかに、穀物酢の代わりにスーラータン麺や五目焼きそばに入れて食べるのもおすすめです。

夏はまだまだ続きます・・・。
今年は黒酢を摂りながら、夏バテに負けずに頑張っていきたいと思っています。

夏はこれからのはずだし

36度とか38度とかあり得ないでしょう。体温より気温が高いと汗も出なくなります。

暑さの方はエアコンで何とかするとして、問題は寝るときです。私はベッドにゴザを敷いて寝ているんですが、ある日起きたらシーツの上に木くずのようなものが散らばっていました。そういえばゴザに穴が開いていたな。

このゴザは数年間使っているもので、要するに経年劣化したと。ひとつ穴が開いたらもう使えない。そこからパラパラと木くず、いやイグサくずが落ち続けるからです。それにゴザは絶温媒体としてはそんなに優秀とは言えません。

そういうわけで代用品を探しに行ったのですが、ホームセンターのブツは相変わらず高い。何ていうかプロ仕様なんですよね。そこまで高性能でなくてもいいと思えるようなのしか売っていません。

百円ショップにはゴザはありませんでした。いやかなり離れた巨大ショップに行けばあるかもしれないけど面倒です。スーパーというか、郊外によくある食品に加えて近所のおばちゃんがよく利用するような生活雑貨店にもあるにはあったけどホームセンターと同じ。

むしろテレビで宣伝している「敷いて寝ると涼しい」よく判らない何かがあって、これでもいいんじゃないかと思ったんですが、どうみても単なる薄いマットなんですよね。その程度のものは既に持っている。

まあ、どうせ寝るときはエアコンつけてるからいいか、と思って諦めたんですが、ある日隣の市の図書館に本を返して借りるために行って、隣に立っている複合商業ビルの中に胡散臭い安売り店に寄ってみたらありました。

その店は4千円のシャツを980円で売っていたりする私の好みの店で、いつ行っても閉店セールやっているんですが、時々掘り出し物があるので図書館に行くたびに行っているんです。

そこで見つけたのがイグサのゴザでした。680円はお買い得なんでしょう、多分。まあ駄目だったとしてもこの程度の値段なら諦めがつくというものです。私はこういう、ちょっと胡散臭い商品が好きです。

小学生の子供の夏休みの工作

小学生も4年生になると夏休みの宿題も多くなります。算数や国語の宿題は、毎日計画的に子供に取り組ませ、親がそれをチェックし、誤りを訂正させる程度で済みます。

しかし、夏休みの宿題で付きものの工作や自由研究の宿題となると、どうしても親がアイディアを出してやったり、手伝ってやったりと関与する事が一層必要です。しかも男の子となると、母親ではなく父親の出番となってしまいます。
我が家もこれに漏れず、子供の宿題の工作のテーマがアイディア貯金箱と言うテーマで、こうなると紙粘土で綺麗に飾り付けて自由に作らすだけでは不十分で、何かアイディアや工夫が必要で、こうしたアイディアをまとめるのは親でも大変なのです。

3年生の男児は、一見ペン立てや文房具入れと思える様にし、その中にからくりを凝らして貯金箱を仕込みたいと言うのです。コンセプトは面白いのですが、こんなコンセプトだけ投げかけられると、そのコンセプトに沿ったアイディアを考え出すのを手伝う必要があり、大変です。
私は無い知恵を絞って2,3案出したのですが、中々OKを出しません。それでもようやく案を絞り込むと、今度は材料となる段ボール箱を用意し、そのサイズに合わせて簡単な設計を教えます。

こうして作業を始めても、カッター作業等の様子を見ていると、とても子供だけに作業させておくわ訳にも行きません。こうして口を出し、手も出し、ようやく完成するのです。

文房具入れの小さなマスを取り外すとコインの投入口が現れ、貯まったコインはカモフラージュされて引き出しと見えぬ様にした隠し引き出しに貯まるようにしたからくり貯金箱が完成しました。
この貯金箱の名前をからくり貯金箱とする様に教えるのですが、子供は頑としてへそくり貯金箱が良いと言い張ります。
夏休みの休日は本当に疲れますネ。何処の家庭も我が家と同じだろうと推察しますが、いかがでしょうか!?